大原焼の歴史と文化を次世代に

大原焼の里(現在の岡山県浅口郡里庄町里見)は備中国の南西部、瀬戸内海が近い村にありました。

大原焼のはじまりは15世紀後半、鍋や擂鉢や内耳鍋などの瓦質土器を焼いていたと考えます。平成24年に発掘調査された「里見山中遺跡」(里庄町里見)からも同様の出土品(17世紀前半)が見られます。

記入名最古の大原焼は元禄12年(1699)銘の宝殿(祠)があります。江戸時代の後期『古川反古』天明8年(1788)に、ほうろく等大原焼の品々を諸州に送りだしている様子が記されています。明治2年(1869)には船行人によって瀬戸内沿岸諸国へ運ばれ広く流通していました。製品の多くは型作りで、火に強く、薄くて軽く、丈夫であるという高い評価を受け販路を拡大していきました。

明治から昭和初期にかけては里庄町の主要産業の1つでした。最盛期は明治の後半から大正です。

しかし、戦後、エネルギーが薪からLPガス、電気へと変化し、高度経済成長とともに需要は激減し、伝統的大原焼は昭和60年(1985)終焉を迎えます。現在は往時を偲ぶ窯跡などを見ることはできません。

大原焼プロジェクトはその痕跡を記録すると共に大原焼の歴史や文化から多くのことを学び、その「心と技」を次世代に引き継ぎたいと活動を始めました。

活動日記

BLOG

Please reload

注目

記事

注目

記事

注目

記事

第3回大原焼プロジェクト展開催

January 20, 2019

1/4
Please reload

​予定

ホーム

​ 大原焼について 最新情報

大原焼とは

​ 大原焼の歴史・アクセス

大原焼の種類

​ 伝統的大原焼と新しい大原焼の種類

大原焼プロジェクト

​ 目的・ 活動内容・活動記録

里庄の散歩みち

​ みどころ・四季・草木花

BLOG

​ 活動の様子・散歩みちの小さな発見

リンク

​ やきもの 最新情報 関連情報

お問合せ

​メールアドレス  

大原焼プロジェクト事務局 

719-0301

岡山県浅口郡里庄町里見

Copyright © 2017 oharayaki-project All Rights Reserved.