​大原焼とは

「火の器」

​大原焼の

特色

伝統的大原焼の特色は一口で言えば「火の器」であり、無釉の土師質・瓦質土器です。そして、生活雑器というより生活必需品の性格が強く、その範囲は民生用から工業用に及んでいました。

生活の表舞台には出てこない「火の器」ですが、作り出された製品は火に強く、薄くて(軽くて熱効率がよい )丈夫でなおかつ安価です。形も簡素で健康的。 《用の美》を備えた生活用具と言えます。

そのことは輸送にも適しており、荷車で近くの港(富岡港=現在の笠岡市)まで運び、船で瀬戸内海の各地にまで出かけ、販路を拡大しながら、大きく発展しました。

種類としては焙烙(ほうろく)や土瓶(どびん)、土釜(どがま)、火鉢、くど( かまど)、こんろ、風炉、火消壺など”火の器”を主力に甕(かめ)、壺、灯篭、弁柄コーラ(弁柄坩堝)なども手がけ、併せて恵比寿様など縁起物、土面子など玩具、仏像、唐獅子、宝殿など祭祀関係にも優れた物を遺しており、さらに漁具や瓦や土管など時代の変化と需要に即応した多種多様なやきものを生み出します。

土釜 (里庄町歴史民俗資料館蔵)

羽土瓶 ​(​里庄町歴史民俗資料館蔵)

大原焼のはじまりは行基説や弘法説など諸説ありますが、15世紀後半と考えます。

記入名最古のやきものは元禄12年(1699)銘の宝殿(祠)です。

産業として口林村(現里庄町里見)の砂鍋(ほうろく)が岡山藩の地誌『備陽国志 』に登場するのが元文4年(1739)です。

大原焼の名称の初出は明治11年(1878)『岡山県地誌略二備中ノ部』です。

明治になり江戸時代の規制がなくなると一気に持ち船が増え、製出した品物は近くの富岡の港へ運び船で出荷されました。

明治2年(1869)の『浅口郡口林村大原抱碌商他所行願』には船行人によって瀬戸内沿岸諸国(安芸・周防・長門・伊豫・阿波・讃岐・播磨・攝津など)へ運ばれ、広く流通していた様子が記されています。 

火に強く、薄くて丈夫な大原焼の評価は高まり、生活必需品として長く愛用されていました。

最盛期は明治末から大正です。

そして、明治から昭和初期においては里庄町の 主要産業の1つとして町の発展に大きな役割を果たしました 。

戦後しばらくは瓦質土器であるコンロやくど(かまど) 、土釜やほうろくなど「火の器」が飛ぶように売れました。しかし、戦後の混乱期も過ぎて高度経済成長と共に新しい工業製品が次々と生産され、LPガスの普及により台所から薪が姿を消すと急速に需要が減退し、生産者は廃業や仕事替えを余儀なくされていきます。

伝統的大原焼は工芸品としてのはぜ壺や茶釜などが細々と生産を続けますが、昭和60年(1985)その窯の火は完全に消えます。

そんな中で、昭和45年(1970)頃から一人の陶工が焼締陶への模索をはじめ、新しい大原焼が誕生します。しかし、バブルの崩壊後、全国的なやきもの不況も起こり衰退を余儀なくされていきます 。

「大原焼」の名称が史誌に初出するのは1878年(明治11)です。

やきもので「○○焼」という呼び方があります。名称の付け方は自由ですが、他の窯場との違いや特徴、あるいは区別するためにいろいろな名称をつけています。

古い窯場の多くは次のような点から命名されているようです。

1:産地(焼かれた土地)の名前

2:伝統的な製法である(様式や技法の種類や釉の種類など)

3:産地の近辺で採れた原料を使って焼かれたやきものである

そこで、大原焼プロジェクトでは「伝統的大原焼」とは伝統的な製法により里庄近辺で採取した土を使用し、里庄町内で焼成したものと定義しました。

「新しい大原焼」とは製法や粘土の産地に関わらず、大原焼の心と技を受け継ぎ、里庄町内で焼かれたやきものと定義しました。

私達は 《大原焼》と呼んでいます。

「伝統的大原焼と新しい大原焼」

伝統的大原焼

​新しい大原焼

の定義 

「柳井宗悦 バーナード・リーチ 浜田庄司ら 大原窯来訪」

大原焼​と

民芸運動

昭和8年、大原焼が民芸の対象として最初に取り上げられたのは日本民芸協会機関誌『民芸』第32号であり、誌上に土瓶を「愛すべきもの」と記している。

ところが、昭和22年『岡山県民芸協会報』第2号では大原の土瓶と火鉢について「土瓶は雲母でピカピカさせた神経質なものだ。(中略)火鉢は肌に皺文があってそれに金粉がふきつけてある。この美術的努力は凄惨で気味が悪い」と誌上で大きな失望を漏らしている。

翌年、岡山県民芸協会報第4号では失望の大原窯に対し、外村氏等の民芸指導が行われ、何名かの陶工が受容の方向へ傾いていることが記されている。

そして、昭和25年『山陽民芸』第12号で大原のはぜ壺が民芸品として初めて絶賛される。

はぜ壺に続いて昭和27年、土瓶が高い賛辞を受ける。「・・大原焼は古く確かな型に依っているためにおおらかで立派である。腰のツバも熱を逃がさない合理性と同時に美しさを加えている。蓋も口も甚だ佳い」『岡山県の民芸』外村吉之介著と書かれている。

 湯沸かし 小野筆三郎作 大正時代 (個人蔵)

昭和28年は大原窯が公式に民芸品産地として評価された年で、民芸運動創始者の柳井宗悦、陶芸家のバーナード・リーチ、浜田庄司や河井寛次郎、外村吉之介各氏と大原陶工達との座談会が徳山蛙生宅で持たれた。作品評は「3年前の時と比べ、著しく作品が変わって、はなはだ親しみにとぼしい」としながらも佐藤尚海(当時物故)が作ったものを「一番素敵な土瓶や土鍋」と『山陽民芸』(臨時号)で評する。

この頃が大原窯の民芸運動のピークだったようで「瓦器以外への歩みは一さい迷いに過ぎない」とする民芸指導に対して、実益を重んじ、絶えず新製品の開発で存続してきた窯場の伝統がやがて衝突することになる。

昭和42年、外村吉之介氏は『岡山の民芸』で「ハゼ壺は特筆にあたいする。さながら遼時代の鶏冠壺の姿となって立派である。(中略)胡麻炒りのとり手は見据えると絶品で生きている。宝殿は家形の釣合がよく、飾りけのない佳品だ」と評価するが、すでにこのとき、大原窯は壊滅状態にあった。氏の言葉は亡びゆくものへ手向けられた挽歌であろうか。(略記)

 以上 里庄町刊(1989)「大原焼」坂本輝正著より抜粋

ハゼ壺 妹尾蕾作(​里庄町歴史民俗資料館蔵)

ホーム

​ 大原焼について 最新情報

大原焼とは

​ 大原焼の歴史・アクセス

大原焼の種類

​ 伝統的大原焼と新しい大原焼の種類

大原焼プロジェクト

​ 目的・ 活動内容・活動記録

里庄の散歩みち

​ みどころ・四季・草木花

BLOG

​ 活動の様子・散歩みちの小さな発見

リンク

​ やきもの 最新情報 関連情報

お問合せ

​メールアドレス  

大原焼プロジェクト事務局 

719-0301

岡山県浅口郡里庄町里見

Copyright © 2017 oharayaki-project All Rights Reserved.