大原焼の歴史 

大原焼​が

​誕生するまで

備中国南西部の土器 

マキサヤ遺跡(縄文時代)から大原焼の起源まで 

縄文土器(縄文後期)発掘現場(2016年)

​(マキサヤ遺跡/里庄町新庄)

縄文土器

​(マキサヤ遺跡出土)

弥生土器

​(マキサヤ遺跡出土)

瓦質土器 

(里見山中遺跡出土 )

大原焼​の

​起源から

​現在まで

大原焼の歴史

大原焼の起源と歴史

戦国

大原焼の起源は行基説、弘法大師説、土師器系、祝部(須恵器)系と諸説ありますが、プロジェクトでは今から500年余り前、15世紀後半、鍋や擂鉢や内耳鍋などの土器を焼いたのが起源と考えています。

■ 江戸

宝殿(祠)(元禄12年/1699)

□ 里見山中遺跡(里庄町里見)

平成24年に発掘調査され、鍋・擂鉢・内耳鍋等同様の瓦質土器が出土する(17世紀前半)

□ 記入名最古の大原焼

​元禄十二年十二月十九日の銘の宝殿「祠」

□ 産業としての大原焼(初出)

1739年(元文4) 「備陽国誌」に砂鍋(ホウロク)が口林村(現里庄町里見)の産業として記されています

西山拙斎

□ 大原焼と大原村(口林村 )の様子

1790年(寛政2年)頃 鴨方の西山拙斎が大原焼の盛んな情景を漢詩に詠む。

 大原村を過る 村民は陶器を造り 業と為す

 陶舎は 相連なり 幾窯の 烟

 孤村は秋色 自ずから 蕭然たり

 瓦盆の良楛 君問うを休めよ

 恐らくは 風流許子の 賢有らん

儒学者 西山拙斎(1735〜1798)漢詩

明治

手あぶり 火鉢

​手あぶり (明治〜大正時代)​

供養塔五重塔

供養塔五重塔(明治時代)妹尾石平作高さ3.2m

大正・昭和

くど・かまど

□ 大原焼の関係者

1876年(明治9) 窯数11、窯業関係者350余人が従事していたと言われる。大原地区の全戸が大原焼に関係していると言えるほどでした。

□ 大原焼の呼称(初出) 

1878年(明治11)「岡山県地誌略二備中ノ部」(岡山県師範学校蔵版)に、[浅口郡の物産ハ、綿、綿木、酒、醤油、素麺、乾温、大原焼・・・ナリ]とあり、はじめて「大原焼」と記されています。

□ 大原焼の種類

 ほうろくをはじめ、鍋、釜、土瓶、くど(かまど)等の日用品が主であり、他に置物、奉納物、細工物など多様な製品が作られていました。

□ 大原焼の出荷高

1983年(明治26)頃『岡山県管内諸物産高取調書』によると大原焼の出荷高は備前の1.5倍ほどあったそうです。
 

□ 大原焼の最盛期

明治になり江戸期の規制を脱して、持船が一気に増加し、自立へ向かい、産出量も多くなっていく。ところが、明治の中頃になると産業や生活文化の近代化や恐慌・不況等の要因により大原焼の需要が減退する。

大原窯は否応なく工夫・改善を迫られることになる。新製品の開発や生き残りをかけての競争が功を奏し、明治の末には持ち直しに成功する。大正期を通して大原窯の安定した状況が続く。明治後期から大正中期頃までが大原焼の最盛期と言われている。

​2連くど(かまど)

鬼面風炉釜(昭和50年代)

□ 伝統的大原焼の終焉

昭和に入ると陶工数は漸減。戦後しばらく「火の器」はよく売れたが、混乱期が終わり、燃料が薪からLPガスへと代わり、高度経済成長の進行とともに、大原焼の需要は激減する。終戦直後50戸程あったといわれる製造戸数も昭和30年代には10戸程になる。40年代には5戸、50年代に2戸となり、1985年(昭和60)伝統的大原焼はその火を消します。

□ 新しい大原焼の模索

1970年(昭和45)、一人の陶工が焼締陶への転換を模索し、新しい大原焼が生まれる。

 

バブルの崩壊(1991年/平成3)等による全国的な焼き物不況も起こり、衰退していく。現在、窯元はない。

壺(昭和 60年代)殿山窯 

■大原焼歴史年表はPDFファイルボタンをクリックして下さい。 

ホーム

​ 大原焼について 最新情報

大原焼とは

​ 大原焼の歴史・アクセス

大原焼の種類

​ 伝統的大原焼と新しい大原焼の種類

大原焼プロジェクト

​ 目的・ 活動内容・活動記録

里庄の散歩みち

​ みどころ・四季・草木花

BLOG

​ 活動の様子・散歩みちの小さな発見

リンク

​ やきもの 最新情報 関連情報

お問合せ

​メールアドレス  

大原焼プロジェクト事務局 

719-0301

岡山県浅口郡里庄町里見

Copyright © 2017 oharayaki-project All Rights Reserved.