• oharayaki

キクザクラ


キクザクラは(菊桜)はバラ科ですが、別名六高菊桜といわれています。

4月中旬から5月上旬にかけて咲く、八重桜の一つで花弁が100枚~350枚にも達する菊咲きの桜です。

里庄町出身の博物学者、佐藤清明(きよあき)の生家に残されている4代目キクザクラも沢山の花をつけていました。

母樹は岡山大学の前身のひとつ第六高等学校にありました。岡山空襲により烏有に帰しましたが、その前年昭和19年(1944)戦禍から守るため同校に勤務していた佐藤清明が一枝を里庄町の地で継承していました。戦後、この樹を元に作られた苗が皇居や岡山後楽園など縁のある場所に植えられています。

昨年、里庄町歴史民俗資料館の前提にも清明ゆかりのキクザクラが植樹されました。

岡山県下では現在、12ヶ所で見ることができます。

53回の閲覧