• oharayaki

日本初の「妖怪辞典」を出版した「里庄のせいめいさん」展


里庄町立図書館で開催されている展示会を見に行きました。なんと日本で初めての「妖怪辞典」を出版したのは里庄町生まれの佐藤清明(きよあき)さんです。名前の音読みから「せいめいさん」と呼ばれていました。「星溟」(せいめい)のペンネームも使っています。

妖怪の他にも植物学、民俗学、鉱物学等々幅広い研究を行い、牧野富太郎や柳田国男、南方熊楠、門前弘多などと交流を続けていました。これまであまり知られていませんでしたがすごい人が里庄にもおられました。図書館の妖怪関連の本も沢山紹介されています。

会期は7月1日から8月30日までです。

#みどころ

68回の閲覧