• oharayaki

勝間田焼復活会グループ展見学


勝間田焼復活会のメンバー6人によるグループ展が勝央町、勝央美術文学館町民ギャラリーで開催(6/27〜7/1)されており、見学に行ってきました。

須恵器系の流れをくむ勝間田焼の特徴は還元焼成による青灰色で非常に硬質な焼き物です。

今から約900年前の平安時代末から鎌倉時代にかけて生産され、美作地域一帯に広く流通していたようですが、13世紀代には生産が途絶えてしまいます。

その幻の勝間田焼を復活しようと4年前、窖(あな)窯を築窯、いろいろな失敗を重ねながら制作を続け、今回の発表になったそうです。

大原焼プロジェクトの活動にも大いに参考にさせていただきたいと思います。

#活動記録