昭和初期の祠(宝殿)発見!

April 13, 2019

 大原焼プロジェクトの仲間が見かけたという祠を探しに出かける。藪の中にあったと聞いていただけなので、探しても探しても見つからず諦めかけていた時、ふっと見上げた藪の奥の小高いところにあった。

高さ50㎝程の中型で同族の先祖を祭祈する祠?のようである。 大原焼に間違いないと心ときめく。

中を覗くと奥の壁面に文字が見え、何が書いてあるのか更に心躍る。

<・・・慶長十四乙己・・・>の文字が目に飛び込み更に心拍数が増える。他の文字は意味が分からないのでとにかく写真に撮って帰る。後日、解読を依頼していた歴史に詳しい仲間からの返事にまた驚く。<・・・加藤清正の末裔の家系で・・・・云々>というものらしい。別の仲間からはこの祠が制作されたのは昭和の初め頃?かというメールが届く。製作者は分からない。

 

Tags:散歩みち

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

タグ
Please reload

アーカイブ
Please reload

お知らせ

第3回大原焼プロジェクト展開催

January 20, 2019

1/4
Please reload

ホーム

​ 大原焼について 最新情報

大原焼とは

​ 大原焼の歴史・アクセス

大原焼の種類

​ 伝統的大原焼と新しい大原焼の種類

大原焼プロジェクト

​ 目的・ 活動内容・活動記録

里庄の散歩みち

​ みどころ・四季・草木花

BLOG

​ 活動の様子・散歩みちの小さな発見

リンク

​ やきもの 最新情報 関連情報

お問合せ

​メールアドレス  

大原焼プロジェクト事務局 

719-0301

岡山県浅口郡里庄町里見

Copyright © 2017 oharayaki-project All Rights Reserved.